フロアコーティングの種類セラミックコーティング

###Site Name###

ガラスコーティングとUVコーティング、シリコーンコーティングが幅をきかせているフロアコーティング業界で、その高品質さから根強い需要があるセラミックコーティング。

あまりポピュラーではない方法ですが、そもそもどんなフロアコーティングの方法なのでしょうか。

まず、利用するセラミックは二酸化ケイ素とチタンなどから構成されるごく普通の「透明セラミック」です。

しかしその薄層加工には高い技術が要求され、施工を行ってくれる業者も当然少なくなってしまいます。


そんなセラミックコーティングのメリットは何なのでしょうか。

まず、生物に無害であることが挙げられます。



アクリル系樹脂を用いるフロアコーティング法であるワックスコーティングでは、弱いながらも毒性のあるものを塗ります。



すぐ揮発してしまいますが、施工後1・2日は悪臭を感じる人もいるようです。
しかしセラミックコーティングではそんな心配は要りません。食品衛生法にも適合している工法でさえあるのです。

また、セラミックだけの特徴として高熱に耐えられる点が挙げられます。

そもそも「セラミック」とは精密な焼き物。

コンデンサーのセパレータにも採用されるなど、耐熱性と耐薬品性はかなりのものです。デメリットは先述した通り施工業者が少ないこと、耐衝撃性が比較的弱いこと、そして高い技術が要求されるために施工に時間がかかってしまう点です。



セラミックはある程度クセのある素材です。

どんな状態で、どんなときにダメージが加わるか。それを考えて検討するのが良いのではないでしょうか。